街のいたる所に看板がついているのをよく見かけます。柱を見れば広告だらけで、ごちゃごちゃしていてどれを見たらいいのか分からないほどたくさんついています。街中以外にも、電車やバスの中で見ますね。小さいながら、その広告も大きな仕事をしています。こんなにごちゃごちゃと乱雑についているのに本当に意味があるのだろうか?会社からしたら、高い金額がかかるがそれだけの効果が望めているのかと心配になることもあると思います。看板が増え続けるのには、それなりの理由があるのです。どこかで聞いたことがあるとか見たことがあるのは、もしかしたら広告の写真などが印象に残っていたからではないでしょうか。その印象づけることこそ大事な役割なのです。どんなメリットがあるのでしょうか。

減らないのは集客効果が望めるから

集客するには、チラシを撒いたり宣伝したりとなかなか手間がかかります。また人手が必要なこともあり人員確保もしなければなりません。ところが街中にいくつか宣伝広告を出すだけで、通り過ぎる人々が企業やお店をいつの間にか知ってくれます。何度も通り過ぎるうちに覚えてしまい、いつしか身近な広告となっているのです。行ったこともないのに何故かよく知っている気がするのは、この広告を覚えているからです。毎日、景色として覚えていた効果が表れています。そこから集客へと繋がります。私達は短期間で覚えようとしたものはすぐに忘れてしまいますが、長期的に覚えたものはなかなか忘れません。また広告には、教えて欲しい情報も載っていますので分かりやすいです。看板の必要性が見て取れますね。

種類も様々、印象に残るものとは?

売り出すための広告塔ですが、どのようなものが目に入りやすいでしょうか。大きくて、会社の隅から隅までを書き綴ってある詳細なものが良いのでしょうか。たくさん書いてあれば良いというものではありません。せっかく宣伝するのですから、一目見てすぐに覚えてもらえるものが理想です。キャッチフレーズがあると、なお覚え易いです。この言葉はあの会社だと連想させてくれますね。伝えたい何文字かだけをドンと前面に出すのです。あとは電話番号やホームページを載せておけば、自然と集客できます。光り照らしてアピールするものもあります。人目を引きつけますが、なるべくその場所の景観に合ったものを選びましょう。広告塔の強みは、地域に根差した宣伝ができることでもあります。普段からその地域を知ることで、どんな広告塔が良いのか考えてみましょう。