お店のシンボルや注意喚起などの目的で、世の中では様々な看板が利用されています。大きさや装飾などもそれぞれに異なるので、自分の目的に合ったものを作りたいけどどうすれば良いのか分からないという人も多いでしょう。特に気になるのが、注文して作成する場合にどれくらいの費用がかかるかという点です。事前にある程度予想していなければ、思いがけない価格になって焦ってしまうこともあります。具体的な価格は、おおまかなサイズで決められるケースが多いです。もちろんそれ以外にも、材質やデザイン、設置場所などあらゆる要因によって価格は左右されることになります。一般的には、60cmと180cmのものであれば、比較的安価な材質であれば10,000円から高くても100,000円以内には収まります。この他にアスファルトに埋め込む作業や整地費用などが掛かることもありますが、全て合わせても100,000円前後になるケースが多いです。

比較的大きめの看板を作成する場合

看板は、使用する目的によってその大きさが大きく変わってきます。一般的なサイズとしては60cmと180cmが多いですが、希望すればそれ以上のサイズで作製することも可能です。縦120cmと横360cmなど大型のものになってくると、単純に60cmと180cmのものの2倍の価格というわけではありません。サイズが大きくなればなるほど、倒壊の危険やメンテナンスの必要性が高まるため強度が必要になってきます。大きなものが倒れたり落ちたりしてしまえば、運悪く人に当たったりすれば大けがをさせてしまうこともあるからです。大きなサイズのものを設置しようと考えている場合は、希望するサイズやデザインにこだわるのではなく、実際に作成や設置を担当する業者と安全性についてもしっかり打ち合わせることが大切です。

外注する場合は業者の選定にも注意

自分で製作できる小型のもの以外は、制作を専門の業者に発注することになります。その場合、全てを一括して一つの業者に依頼するよりも、デザインと制作、設置工事という3つの作業についてそれぞれ得意とする業者に発注したほうが良いでしょう。得意分野であれば、よりコストをかけずにクオリティの高いものを完成させてくれる可能性が高まります。制作には単純にデザイン料や制作費の他、工事費にオプションなど様々なポイントで費用が変わってきます。制作を外注する場合は、トータルの金額だけでなくそれぞれの細かい費用についてもきちんと確認しておくことが大切です。また、制作にかかる費用を節約したい場合は、デザインや設置など自分でできる部分については自分で行うというのも一つの方法です。