どのようなすばらしい商品を販売していても、またどのような便利なサービスを提供していても、ターゲットとなるお客さんがそのお店や企業の存在について知らなければ意味がないものです。そこでいかに効果的に宣伝を行うかが重要になってくるのですが、その場合に役立つものの代表格に看板があります。そこにあるお店や企業の存在を、近くを通りかかった人がそういった情報を自然と目にして認知することになるからです。この場合に存在に気づかれない、目には入るけれど意識してもらえないといったようでは宣伝効果が小さくなってしまうので、何か心に残るようなもの、つまりインパクトのあるものであることが望ましいと言えます。インパクトがあれば自然と多くの人の視線を集めることができ、お店や企業の存在を周知させることにつながるのです。

どのようにすればインパクトが与えられるか

それではどのような看板であれば、近くを通りかかる人たちにインパクトを与えることができるのでしょうか。まず、ベースや文字の色を工夫することが考えられます。例えば派手な色使いであったり、色の組み合わせが珍しくて目を引くようなものであれば、自然と意識がそこに行って、書いてある内容を意識してもらえる可能性が高くなります。さらに建物の壁や周囲の景色の色に紛れて、目立たなくなってしまわないことにも気を使う必要があります。また店名や企業名、商品名などの文字の書体やサイズ、配置など、書く内容にも工夫することが肝心となります。例え目に付いてもじっくり読んでもらえるとは限らないため、パッと見た時に、書いてある内容が分かりやすいことも大事なのです。ただ伝えたいことを詰め込み過ぎると、逆に何が書いてあるのか見る気にならない恐れもあり得るので、そうならないようにも注意が肝心です。

インパクトを与えるために文字以外にも工夫する

表記する文字以外に工夫することで、見る人たちにインパクを与えるという方法も考えられます。その例としては、店名や企業名などの他に、可愛らしかったり、奇抜だったりするイラストをプラスすることで、見る人に関心を持ってもらうという方法がまず挙げられます。文字だけではイメージしにくい商品やサービスの内容が、イラストによってより明確に理解してもらえるというメリットもあります。さらに看板と言えば、長方形のものをイメージする人が多いでしょうが、そうではなく長方形以外の形にしたり、立体的にしたりといったように、形を工夫することによってインパクトを与えるという方法もあります。例えばハート形や矢印型のように目に付きやすいシンプルな形や、取り扱っている商品を模ったものにするなどの工夫です。